楽しく賢く後悔しない中古車選び

>

中古車市場は新車需要を上回る現在

新車でなくても新車気分を味わいたい

中古車を選ぶ際に特に注目をされるのが走行距離ではないかと思います。走行距離からその他の数的情報を整理するのに分かりやすい指標となります。特に年式との関係性が色濃く一般的には1年間での適切な走行距離は8千㎞から1万㎞と言われているので1年の走行距離が1万㎞と目安とされています。そしてその走行距離により中古車への評価が分かれてきます。どのような評価になるのかみていきましょう。
3万㎞未満であれば準新車のような見方をされます。中古車と言っても色あせや経年劣化が目立ちづらい状態です。約3年未満の使用であればシリーズとしても比較的新しい製品であることも魅力の一つでしょう。
3万㎞~5万㎞の中古車はまだまだ車両の奇麗さなどが維持されている状態の多い範囲です。傷なども比較的少なく中古車のメリットの価格も魅力的で一番手を挙げやすい感があります。

安価でアンカーになる

走行距離が5万㎞~10㎞になりますと5万㎞を超えた時点で価格が下がる傾向にあります。一般的に”5万㎞を超えた車”のレッテルに不利益感を受けてしまう風習があるように思われます。安全に快適で見栄えもそこそこに安く乗りたい人はとてもオススメな走行距離となるでしょう。
走行距離5万㎞が価格のハードルが下がる1つの指標ですが次にハードルが下がるのは10万㎞を超えてるあたりです。車の寿命は10年・10万㎞と世間一般的な常識論が根強く残っていることから10万㎞を超えた中古車には購入に際し抵抗感を受ける人も少なくないと思います。それによって価格のハードルが下がる基準となっています。ですがただただ安さが購入の優先順位として高い方であればオススメするに間違いない走行距離間であります。


この記事をシェアする